このページがフレームの中に出ていない場合はここをクリック。

リーダーとは?

我々がリーダーであることを犬にわかるように教えることは、普段の生活の場面で伝えることができます。犬の本能に基づいて生活の中で穏やかに犬に知らせることができます。良いリーダーは、自分の利益だけを考えて力で仲間を押さえつけることは決してしません。実際、野生の狼のリーダーは群れの中で闘争するようなことはめったにありません。私達がリーダーになるということは、犬がその人をリーダーとして選ぶことができるように振る舞い行動することに他なりません。人は選ばれる側に立っているのです。

リーダーになることは犬に信頼されるようになることです。リーダーには一貫性をもって毅然とした態度をとることが要求されますが、これは決して犬に辛くあたれとか専制君主になれといっているわけではありません。犬が彼らの群れの中でリーダーと認められるには、生活のために必要なものを一番上手に手に入れることがあります。生活に中で必要なものは“水と食べ物と安全”ですが、もう1つ大切なことに“喜びを感じること”があります。

犬も時として楽しみのために食べることを忘れてしまうことがあります。“叩かれたくない”、“叱られたくない”という理由で人に従うよりも“ほめてもらいたい”という理由で人に従う犬のほうがずっと生き生きしています。また、こういう犬はストレスがないので問題行動を起こしにくいとも言われています。“この人といるとよいことや楽しいことがいっぱいある。だからこの人のそばに居たい”と思わせることも大切です。

信頼できるリーダーを見つけられない犬は、自分が安心して生活するために群れの順位の一番上に上り詰めることがあります。しかし多くの場合、人間がリーダーであることを犬に示していないか、気づかないうちに犬がリーダーであるというメッセージを伝えてしまっていることが問題なのです。

最初から問題行動を抱えている犬はほとんどいません。実は我々が問題ある環境を作ってしまっていることが多いのです。犬の起源を考えると犬の特定の行動が理解できます。しかし、本能としては正しい行動でも、人間の生活様式に合わないと問題となってくるのです。

例えば、犬が自転車を追いかけたとき、それは獲物を追跡する本能が現れたに過ぎないといったら許されるでしょうか? 人間社会でともに生きる現代の犬にとっては、社会的に受け入れられなくなる可能性もある危険な行為と受けとられるでしょう。

犬は経験をもとに学習します。飼い主が生活環境を整備してあげなければ、犬は自己流に成り行き任せに学習することになります。犬が自己流に学習した悪い習慣を好ましい習慣にしつけ直すよりも、最初から好ましい行動を教えていきましょう。