このページがフレームの中に出ていない場合はここをクリック。

犬って何?

皆さんもご存知のとおり、犬の祖先は狼です。人間と犬の結びつきはいつ、どこで、どのように生まれたのでしょうか? イスラエルでは紀元前1万2000年前の人骨の化石が発見され、その脇には犬の骨が丁寧に置かれていました。その人の手が犬の体にきちんと置かれていたことから、この犬がコンパニオンアニマルであり、腕に抱かれていたことが推察されます。北アフリカで発見された3000年前の岩に描かれた絵には、人と犬が協力してバイソン狩りをしている様子が表されてされています。こうしてみると人が犬を家畜化したのは数千年前であり、はじめは犬をそばに置くことで人は他の肉食動物が近づくのをいち早く知ることができ、犬は苦労せずにえさにありつけるといったお互いの利益が一致したことから家畜化されたものと考えられます。そして長年のうちに人の社会に溶け込んでいったと思われています。

人の生活の変化に合わせ、人は犬を改良していきました。そして多くの犬種が生まれ、現在の家庭犬に至っています。また、現在でも盲導犬や警察犬、麻薬捜査犬、そして聴導犬や介助犬などのように人のために働く犬もいます。